リトルアーモリー 「Mk14Mod0 EBRタイプ」「ヘカート2タイプ」 予約受付開始!

LA051 LittleArmory Mk14Mod0 EBRタイプ(リトルアーモリー OFFICIAL WEBSITE)

旧式ライフルに新装備が移植された異様ともいえるEBRの姿を可能な限り再現。今作は米海軍・空軍特殊部隊用が採用したMk14Mod0のスタイルで製品化。

LA051_Mk14Mod0_EBR_01.jpg

LA051_Mk14Mod0_EBR_02.jpg

LA051_Mk14Mod0_EBR_03.jpg

LA051_Mk14Mod0_EBR_04.jpg

LA051_Mk14Mod0_EBR_05.jpg

LA051_Mk14Mod0_EBR_06.jpg

LA051_Mk14Mod0_EBR_07.jpg

LA051_Mk14Mod0_EBR_08.jpg

LA051_Mk14Mod0_EBR_09.jpg

LA051_Mk14Mod0_EBR_10.jpg

Mk14Mod0 EBRタイプについて
米軍の旧式主力小銃M14の近代改修型、通称EBR。このM14は、WWIIを勝ち抜いたガーランド小銃の進化版として作られ、ベトナム戦争に投入された銃器である。M14は高威力・長射程を誇ったが、1m超えの全長は取り回しが悪く、ベトナムのジャングルなど、近接戦主体の近代戦においては「無用の長物」とされてしまい、代わりに登場したM16によって、倉庫送りにされてしまう。
しかし、時代が変わり中東の広大な砂漠へ戦場が移ると、今度はM16の低威力・短射程が問題化してしまう。この問題を解決したのが、倉庫に眠っていたM14の“再起用”だったのだ。こうして評価されたM14を本格運用するべく現代戦向けに改修したのがこのEBR=エンハンスド・バトル・ライフルである。

商品名 LittleArmory <LA051> Mk14Mod0 EBRタイプ
仕 様 1/12スケール ランナーキット(無彩色) 樹脂製(PS)
    ※プラモデル用接着剤使用を推奨
商品サイズ 全長約7.5cm
パッケージ サック箱(6個入りインナーBOXあり)W130×H210×D20mm
価 格 1,400円(税抜)
発売日 2019年7月発売予定



LA052 LittleArmory ヘカート2タイプ(リトルアーモリー OFFICIAL WEBSITE)

木製部分をブラウンの樹脂色で成型。専用10倍スコープを再現。可動式キャリングハンドル、開閉選択式2脚、着脱式の大型マガジンとモノポッド。
そして、M24タイプで好評の“ボルトアクション動作”が再現できるように設計。

LA052_HecateII_01.jpg

LA052_HecateII_02.jpg

LA052_HecateII_03.jpg

LA052_HecateII_04.jpg

LA052_HecateII_05.jpg

LA052_HecateII_06.jpg

LA052_HecateII_07.jpg

LA052_HecateII_08.jpg

ヘカート2タイプについて
フランス製ボルトアクション式ロングレンジスナイパーライフル。FR-12.7の名称でフランス軍に採用されている。1800m以上を射程に捉える目的で開発され、重機関銃用弾薬の50口径弾を使用する。良質な素材で作られた高精度のメカを手動装填で操作する為、高い集弾性を誇る。
なお、ヘカートの名前はギリシャ神話の死の女神“ヘカテ”に由来するが、遠くへ矢を射る者=ヘカトスの女性形ともいわれる。

商品名 LittleArmory <LA052> ヘカート2タイプ
仕 様 1/12スケール ランナーキット(無彩色) 樹脂製(PS)
    ※プラモデル用接着剤使用を推奨
    設計協力:はせ☆裕
商品サイズ 全長約7.5cm
パッケージ サック箱(6個入りインナーBOXあり)W130×H210×D20mm
価 格 1,600円(税抜)
発売日 2019年8月発売予定




関連リンク:リトルアーモリー OFFICIAL WEBSITE

関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

フィギュア人気ランキング

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品