撮影用簡易照明 フォトラっぽいものを改良してみた・・・レフ板追加

前回作った自作フォトラにレフ板を追加してみました。

材料はカラーボード白とポップホルダー
photora_11.jpg
どちらもダイソーで一つ105円で購入

カラーボードにキッチン汚れ防止シート(前回反射板としてケース内に貼ったものの余り)を貼って半分にカット
photora_12.jpg
白いレフ板として使うことも出来るように裏面は白のままにしておきます。
白い方しか使わない場合はキッチン汚れ防止シートを貼らなくてもいいかも

カラーボードをポップホルダーで挿む
photora_13.jpg

自作フォトラの置いた時に上に来る部分を切り抜く
photora_14.jpg
私が作った物はビデオテープケースの黒を使って作ったので切り抜きましたが、半透明のケースを使えば切り抜かないでも使えそうです。

クリップホルダーで自作フォトラ本体に取り付けて完成
photora_15.jpg
ポップホルダーはボールジョイントで角度が自由に調節できるので、被写体に光が一番よく当たる角度に固定できます。


さらに、自作フォトラ一台では被写体に均一に光を廻せないので、もう一つ作成しました。
追加で購入した材料は、ビデオテープケース1、硬質カードケース1、省エネランプ3、レセップ3、スライドスイッチ1、合計金額1477円。
前回購入したものとレフ板の材料全て合計すると、3594円になりました。


自作フォトラを2台作った場合、片方のケースに照明ユニットを互い違いに収納し
photora_16.jpg

ケースを重ねればビデオケース一つ分+α程度にコンパクトに収納可能
photora_17.jpg





自作フォトラ1台、2台、室内照明のみの場合の比較

左側前方に1台置いた場合
photora_00c.jpg

左右前方に2台
photora_00d.jpg

右側前方に1台
photora_00e.jpg

室内照明だけで撮影
photora_00g.jpg


一応、レフ板を使わなかった場合でも撮ってみたのですが、殆ど違いが分りませんでしたw










関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おじゃまします~

エリザベスの制作過程を拝見しに来ました~。
足跡ついでにコメントかきかき。

フォトラのレフ板は発光面を上方に延長するための設計だと思いますので、発光面より高さのある大きな被写体に少しでも光を回す補助面光源として、
あるいは発光面は隠して水平照射を無くし、上方から照射するのが効果的な使い方になると予想するであります。
( ´∀`)ゞ

駄文失礼しましたー、また遊びにきます。

>えりやさん いらっしゃいませ~
なるほど、フォトラの高さよりも低いfigma程度のサイズのものだとあまり効果的ではないのですね~
1/8サイズ以上くらいのものになると、そのままだと光源が低くなってしまうのでレフ板で上方からの光を補う必要がありそうですね。

これからもよろしくお願いします~

フィギュア人気ランキング

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品