figma改造 シリコンシーラントで服を作る・・・その2

前回塗装が上手く行かなかったので、別の方法を試してみます

キャストナーを混ぜる事でシリコンシーラントに着色ができるので、色の違う部分もキャストナーで着色したもので作ってみる、なんというか多色成型みたいな?感じで出来ないかなと・・・

まず、原型の色の境界(丸い模様のふち等)に少し深めの筋彫りを入れ、型を作り直します
huku_09.jpg
前回作った型で型取り用シリコンを使いきってしまったので、おゆまるで頑張って作りました
筋彫りがキッチリと型取れるまで5回作り直してますw

胸側の丸い模様にシリコンシーラントの黒をラッカーシンナーで緩くしたものを塗ります
筋彫りを深くしたのは、ここで塗るときにはみ出しにくいようにするためです
huku_10.jpg
はみ出さないよう、気泡を入れないよう、爪楊枝を削って作ったヘラでちまちまと塗りました

次に、サイドの色の濃い部分にシリコンシーラントにキャストナーで着色したものを塗ります
huku_11.jpg
なるべく厚みが均一になるように、気泡を入れないように丁寧に
背中側のサイドも同様に塗ります

胸側と背中側の型を合わせ、ズレない様に輪ゴムで固定
huku_12.jpg
あまり強く輪ゴムを巻くと型が変形してしまうので注意

最後に青く着色したシリコンシーラントを型の内面に均一に付着するように流します
huku_13.jpg
シリコンシーラント:ラッカーシンナー 5:5~4:6くらいの割合が、流動性、気泡の抜けやすさなどが良いのではないかと思います


と、こんな感じでやってみましたが、どうなることやら・・・
結果は、シリコンシーラントが固まるまでしばらくお待ちください
関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

fgに連コメントも何なのでこちらに。
可動フィギュアの軟質部品は悩む所ですよね。
ラッカーシンナーで希釈と言う事はやっぱり硬化後ヒケが生じますか~?

そうですね、軟質部品の材料としては今のところ決定版といえる物が無いので難しいですね

>ラッカーシンナーで希釈と言う事はやっぱり硬化後ヒケが生じますか~?
もちろんかなりの勢いでヒケますよw それを見越した厚みで成型するのがポイントですね

ご回答ありがとうございます~。

ヒケかなりの勢いですかあw
軟質部品の良い制作方法を見つけたいですねえ。

フィギュア人気ランキング

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品