figma改造 シリコンシーラントで軟質パーツを作る その1

以前、石粉粘土で作った軟質パーツ用の原型
スカジャンの胴体部分のパーツ
前回の状態からスナップボタンなどのディティールを追加してます
figma_kai_26_17.jpg

と、ズボンの股間部分
figma_kai_26_18.jpg
こちらの形状は、股関節の処理をどうしたら良いのかイマイチ判らなくて、適当な感じです
作り直しになりそうな予感がヒシヒシとしてますがw

それぞれを「おゆまる」で2面型を取ります
figma_kai_26_19.jpg

figma_kai_26_20.jpg

「変成シリコンシーラント」をおゆまる型に流し込めるように、アサヒペンのラッカーシンナーで希釈し、キャストナーで着色します
figma_kai_26_21.jpg
今回、ズボンは濃い紺色なので、変成シリコンシーラントのブラックに少しホワイトを混ぜて、キャストナーのシアンを入れてます
画像だとほとんど黒にしか見えませんが、微妙に青いはず・・・

おゆまる型を合わせて当て木をして輪ゴムで固定し、着色したシリコンシーラントを流し込みます
figma_kai_26_22.jpg
内面に均一に2mm厚くらいに付着するようにします
ラッカーシンナーで約2倍に希釈しているので、乾燥すると半分くらいの厚みになるはずです


さて、今の時期だと固まるまでに2週間位かかりそうな気がしますが、今年中に固まってくれると嬉しいなぁ・・・w


関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2週間!?そんなにかかるんですか!!
レジン以上に失敗が許されない厄介な材料なんですねΣ(゚Д゚)

>2週間!?そんなにかかるんですか!!

通常のシリコンシーラントだともう少し早く固まってくれるんですけど、
塗装の必要があるので変成シリコンシーラントを使ってる+ラッカーシンナーで希釈してる+季節柄寒くて湿度が低い、など色々な要因により固まるのがどうしても遅くなってしまいます

容器に型と水を入れてコタツなどで温めたりしてれば早く固まってくれるのですが、以前それやった時にコタツ内がシンナー臭くなって怒られてしまったので、今回は自然乾燥で固まるまで待ちますw

フィギュア人気ランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品