以前はWindows XPの起動時間もっと早かった気がする・・・

最近パソコンの起動時間が以前と比べて長くなってるような気がしていたのですが、こんな記事をみつけました。

Windows XPの起動時の長いディスクアクセスは、Windows Updateの履歴が溜まりすぎていたせいだった?!(全力ブログ)

この記事によると、起動時間が長くなっていた理由はWindows Updateの履歴が溜まっていて、Windows開始時にアクセスしにいくためだということらしいです。

その解消法の作業手順は

1)スタートメニュー→コントロールパネルから、「管理ツール」を起動

2)「管理ツール」から「サービス」を起動

3)「Automatic Updates」上で右クリックし「停止」を選択

4)エクスプローラなどで、c:\Windows\SoftwareDistribution以下のファイル、フォルダをすべて削除

5)再び「管理ツール」の「サービス」から、「Automatic Updates」上で右クリックし、「開始」を選択

詳しくはリンク先を参照してください。


で、実際にこの作業をやってみたところ、確かに起動時間が早くなったような気がします。
私の場合は、Updateの履歴ファイルが100Mbくらいありました。
もしもWindowsXPを使っている方で、起動時間が長くなってるような気がする人は試してみてはどうでしょうか?
関連記事

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

tag : WindowsXP 起動時間短縮

コメントの投稿

非公開コメント

フィギュア人気ランキング

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品