figmaの改造を始めた・・・その7

某13才少女メイドfigma化計画 第7回

自作アイプリントの作成
いつもながら私にはfigmaサイズの目を描くなんて無理なので、市販のインクジェットプリンタ用転写シールを使ってアイプリントを作ります。

絵心に自信のある方ならば一から描いても良いのですが、私には無理なのでなるべく既存のものから流用する方向で行きます。
P1020074.jpg
こんな感じの使えそうな絵を用意
なるべく、正面からの絵で解像度の高いもの、さらに出来ればカラーのものが良いです。

P1020074b.jpg
画像処理ソフトで目の部分だけを抽出します。元画像がモノクロの場合は着色もする。
わたしはAdobe PhotoShopを使っていますが、フリーのレタッチソフト等でもOK


普通紙に印刷してみて、大きさ、色などをチェック
転写シールとして使う場合は左右反転して印刷します。
eyepri_001.jpg
貼り付けるのに失敗するのを見越して多めに
実際に貼って見たら微妙にサイズが合わなかったりするので、90%~110%くらいを10%刻みで作っておきます。


転写シールに印刷するのですが、普通に印刷すると転写シールの余白が勿体無いので、必要なサイズに切り出して先程チェック用に印刷した普通紙にマスキングテープなどで貼り付けてプリンタに通します。
eyepri_002.jpg
用紙を入れる方向を間違わないように。私は毎回方向を間違えて反対側に印刷したりしますw
※このやり方はプリンタの使用方法としては推奨されませんので、自己責任でお願いします。

転写シール部分に印刷できました。
eyepri_003.jpg

転写シールは普通は印刷した後に糊フィルムを使って貼るのですが、それだとシールが軟らかく、デカールのように貼った後でずらして位置合わせが出来ないので糊フィルムは使わず接着剤で貼ります。

表面にラッカークリアを塗り、乾燥後アクリル塗料で白目の部分を塗ります。
eyepri_004.jpg

溶剤を含まない透明な接着剤を薄く塗ります。
eyepri_005.jpg
私はセメダインのスーパーXを使っています。

ここからの作業は接着剤が完全に固まらないうちに手早く行います。

なるべく余白を残さないように切れ目を入れます。
表面のシール部分が切れていれば良いので、台紙までは切らなくてOK
eyepri_006.jpg

裏面に水を塗ります。
eyepri_007.jpg

ピンセットなどでシール部分を破らないようにそっと剥がし
eyepri_008.jpg

顔に貼り付け
eyepri_009.jpg
綿棒などで位置を微調整し、接着剤が完全に固まってから、つや消しクリアでコートして完成。



その他のパーツ等も塗装しました。
eyepri_010.jpg
今回は軟質パーツは無塗装で、硬質部分のみラッカー塗料で塗装しました。
色数が白と黒の2色だけだったので楽だったw





関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : figma フィギュア figma改造

コメントの投稿

非公開コメント

フィギュア人気ランキング

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品