figmaの改造を始めた・・・その6

某13才少女メイドfigma化計画 第6回

袖口部分を作成
シャーリー5
↑のメイド服のサイズが合ってなくて、袖が長くて手が半分隠れてるってのがポイントだと思うw

まずエポパテで適当に円錐状の原型を作る
P1020080.jpg
かなり適当に作りすぎて実はちょっとサイズが小さかったw

おゆまるに押し当てて凹型を作る
P1020084.jpg

シリコンを流して型の内面に均一に付着させる
P1020081.jpg
今回はエプロンと同じく型取り用のシリコンを使いました。

固まった物を取り出し
P1020082.jpg

先っぽの部分をカットして、ポンチで穴を開け
P1020085.jpg
左右対称に2個作成

手首パーツに被せて腕に付ければ、袖口っぽく見える?
P1020086.jpg

最初は袖口をエポパテでそのまま作ろうかと思っていたのですが、それだと手首の可動が完全に死ぬので軟質パーツにしてみました。
これである程度は手首も動かせます。

関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : figma フィギュア

コメントの投稿

非公開コメント

軟質パーツにすることで手首の可動の確保、流石です!


自分はBE-1で一回作っただけ(失敗に終わりましたが)なんですがシーラントとどっちの方がいんですかね・・・

私はBE-1を使ったことがないので詳しいことはわかりませんが、聞いたところによると、固まった後BE-1の方がやわらかくよく伸びるようです。
また、固まる前はBE-1は流動性が高く固まるまでの時間が遅い、シリコンシーラントは(シンナーで薄めない場合)流動性が低く固まるまでの時間は比較的早いといわれています。

どちらも一長一短あると思うので、両方使えるのであれば、使う場所や作業時間によって使い分けるのが良いかと思います。

フィギュア人気ランキング

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品