人間が乗って操縦できる、六脚歩行ロボット「MANTIS(マンティス)」

SF映像を手掛けている会社が作るとロボットも近未来的に。総重量2トンの乗用多脚ロボット「マンティス」(カラパイア)



>まるでクモのようにも見えるのだが、このロボットの名前はマンティス。日本語でいうところのカマキリだ。人間が乗って操縦することができる6本脚の歩行用多脚ロボットだ。

>まるで映画に出てきそうなSF的ルックスをしているのにはわけがある。このロボットを開発したのは、実際に映画やテレビなどで使用するのアニマトロニクスを専門としているマイクロマジック・システム社だからである。 機能性はもちろんデザイン性をも重視した結果、こんな風に仕上がったのだそうだ。


>マンティスの総重量は2トン。全長は5メートル、高さは2.8メートル。2.2リッター50馬力のターボディーゼルエンジンが採用されている。直接操縦することはもちろん、Wi-Fiを経由して遠隔操作することも可能なのだそうだ。

>現時点では時速1キロメートルの速さでゆっくりと大地をかみしめながら歩くが、将来的には事前にその土地の形を認知させることで、もっと早く動くことを目標としているそうだ。






メカニカルなのにどこか有機的なイメージの素敵デザインですね
改良が進んで、もっと歩行スピードが早くなれば良い感じにキモくなりそうだw



関連記事:巨大ロボット「クラタス」ついに完成! ワンフェス2012夏にて全貌公開
     1/1スコープドッグの倉田光吾郎さんが、今度は巨大ロボット(搭乗可能)作ってる
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フィギュア人気ランキング

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品