PS Vita用 USB充電アダプターを作ってみた

最近、1万円ほど値下げされたり、アプリも充実してきて、ようやく勢いのついてきた気がする携帯ゲーム機 PS Vitaちゃん
液晶は大きくて綺麗で、PS3やtorneを遠隔操作できるし、ブラウザもあるし、Skypeもできるし、YouTubeやニコ動も見れる、有料ですが2chブラウザなんかもあったりして、ゲーム機としてよりも、ちょっと頑張ればスマホ的な(iPhoneには及ばないけどiPod touchくらいの事は出来そう)使い方もできる面白ガジェットになってきました

ですが、使っていて気になるところがいくつかあります

その1、PS Vitaはゲームや動画をダウンロードして保存するのにメモリーカードが必ず必要になるのに、microSDとは互換が無い上にmicroSDよりもかなり割高になっている
メモリーカードはmicroSD互換にすると著作権保護の問題や、製品ごとの製造レベルに対応できないなどの理由が有るとは思いますが、microSDとの価格差はちょっと納得行かないですね
vita本体は値下げされたので、今後メモリーカードも値下げされたり、安価なサードパーティ製の物が出てくる事を期待します

その2、PSPでは出来ていた映像の外部出力が出来ず、せっかくのHD画質なのにテレビの大画面では見られない
映像の外部出力は、今後システムのバージョンアップによって出来るようになると思うので(PSPも当初は出来なかったが後から出来るようになったし)、早くしてくれと願うばかりw

その3、専用のACアダプターのUSBポートからならばゲーム中でも充電できるけど、パソコンのUSBやUSBポート付きの汎用ACアダプターからの充電は電源を切った状態で無いと出来ない



しかし、USBからの充電については、ちょっと調べてみたところ解決法が有りました

一番簡単なのはサードパーティから発売されている変換アダプタを使うこと
これをVita用USBケーブルとUSBポートの間に接続することにより、PCやACアダプタのUSBポートからの充電が可能になります、Amazonではだいたい400~500円で販売されています
これは、USBには電源用の端子が2本とデータ送信用の端子が2本あるのですが、データ用の端子を短絡(ショート)させることで、PSvitaのUSBでの充電ができるようになるんだそうです



で、前置きが長くなりましたがw
これって、アダプタ内でデータ端子を短絡させているだけなら自分でも作れるんじゃね?
ってことで作ってみました

材料は、100円ショップ(シルク)で買ってきた「USB ON OFFスイッチ付きコネクター」
psvita_usb_adapter_01.jpg
USB製品をコネクターを抜かずにON OFFできるようにするアダプターです

こんな感じのものです
psvita_usb_adapter_02.jpg
この形! この改造のためにあるんじゃないかと疑うほど丁度いいw

さっそくオスコネクタと外装の間にマイナスドライバーを突っ込んで殻割り
psvita_usb_adapter_03.jpg
ケースはけっこう頑丈に接着されていました

基板を裏返してみるとこんな感じ
psvita_usb_adapter_04.jpg
USBの4つあるピンのうち両端の2つ(電源+-)を間のスイッチでON OFFする単純な構造のようです

あわよくば、スイッチでデータ転送と充電用に切り替えられないかと思っていましたが、配線が複雑になりそうだったので、充電のみのON OFF切り替えで、データ転送する場合はアダプターを取り外すようにします

データピンは直結されているので、その2箇所のパターンを途中でカット
psvita_usb_adapter_05.jpg
赤矢印の部分の配線をカッターナイフなどで削り取りました

メスコネクタ側の中の2本のピンを短絡(ショート)させます
psvita_usb_adapter_06.jpg
わかりにくいですが、赤丸部分2本のピンを中心に向けて折り曲げハンダ付けしています

あとは元のように外装を戻して完成
psvita_usb_adapter_07.jpg

電源が入った状態でもパソコンのUSB端子で充電できるかチェック
psvita_usb_adapter_12.jpg
見辛いですが、画面右上の時計の右隣の電池マークが充電中の表示なっています
ちゃんと充電できるようになりました
USBポート付き汎用ACアダプターとエネループ モバイルブースターで試してみましたが、どちらでもゲーム中でも充電できるようになりました



思いのほか簡単に出来たので、調子に乗って車用のシガーソケットアダプターも同じように改造w
psvita_usb_adapter_08.jpg
これは商品名は忘れましたが、たしか4~5年前にイエローハットで購入、800円くらいだったと思います
PSP用に使っていたもので、USBポートの他にUSB ミニBオスと4mm径のDCプラグの出力が付いています
これのUSBポートでもvitaの充電が出来るようにします

で、サクッと分解
psvita_usb_adapter_09.jpg
色々と部品が多いですが、多分、電圧を12Vから5Vに変換するためのものなのでしょう(電子系はさっぱり解らないので適当ですw)

基板の裏側を見てみると
psvita_usb_adapter_10.jpg
USBのデータ用のピン(4本のうち2番目と3番目の2本)はどこにも接続されずフリーになっています

これでデータ転送する事は無く、充電専用なので直接加工
psvita_usb_adapter_11.jpg
赤丸部分の2つのピンを適当なメッキ線などをハンダ付けしてショートさせて終わり

外装を元に戻して、シガーソケットからvitaに充電できるかチェック
psvita_usb_adapter_13.jpg
画像がピンボケでよく見えませんが、電池マークが充電中を表しているのでこちらも成功です



今までゲーム中に充電するには純正アダプタをわざわざ使わないとダメだったのが、これでどこでも(USBポートさえあれば)充電しながらゲーム出来るようになりました


材料費105円で結構簡単に出来るので、PS vitaの充電に困ってる人は試してみてください
ただし、この改造によってPS vitaが壊れたりしても私は責任取れませんので、くれぐれも自己責任ということでお願いしますw

まあ、Amazonで変換アダプターを買っても大した値段ではないので、その方が楽ですけどねw


そういえば、PS vita値下げにより、3G版とWi-Fi版が同価格になっちゃいましたが、これってWi-Fi版は存在価値あるのでしょうかね?w
関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

フィギュア人気ランキング

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品