『テーブル美術館』シリーズ 「figma 円山応挙作 幽霊図」 3月23日お昼頃より予約受付開始!

【3/23案内開始】「figma 円山応挙作 幽霊図」をご紹介!【テーブル美術館】(グッスマらぼ)

>明日・3月23日(金)より案内開始のFREEingさんアイテム
「figma 円山応挙作 幽霊図」
(まるやまおうきょさく ゆうれいず)

figma_yuureizu_01.jpg

だれもが知っているあの芸術作品が、figmaになって動き出す、それがテーブル美術館です。
シリーズ第九弾は、江戸時代の人気絵師、円山応挙作の「幽霊図」(別名「反魂香図」)です。
初めて描かれた「足の無い幽霊」とされる本作を、繊細な造形で立体化。
また、一部パーツを差し替えることで、応挙が描いたさらにおどろおどろしい姿の「幽霊図」も再現可能。
美しさと恐ろしさ、そしてどこかユーモラスな幽霊絵の世界を、figmaで味わってください。
絵画作品の立体化にともない、専用の額縁パーツが付属。まるで絵画から飛び出したかのようなディスプレイが可能です。
絵画作品の立体化という新しい切り口を、様々な解釈でお楽しみください。


「テーブル美術館」シリーズに、江戸時代中期の人気絵師、「円山応挙(まるやまおうきょ)」が描いた
「幽霊図」がラインナップです!
絵画をモチーフとした商品としては、「叫び」「 写楽作 三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」に続く第三弾となります!
※この商品の開発にあたり、FREEingの担当者さんはきちんとお祓いに行ったとのことです。。。

figma_yuureizu_02.jpg
白の着物にはクリア素材を使用しており、幽霊らしくちょっと透けている雰囲気になっています
元絵をイメージした額縁も付属します

figma_yuureizu_03.jpg
長く伸びた後ろ髪は一部が分割され、figma関節が仕込まれているので、
動きに合わせて髪の毛を可動させることができます

figma_yuureizu_04.jpg
はじめて描かれた「足の無い幽霊」とされる本作にちなんで、
「幽霊によくあるあの部分」(赤矢印のところ)もパーツを追加することで再現可能
また肘から先の「着物の袖」パーツも、通常のものに加えて、
深く肘を曲げられるもの(上の写真で使用しています)が2種付属しているので、
より自然な「うらめしや」ポーズをとらせることができます

figma_yuureizu_05.jpg
差し替えによって、応挙が描いた更におどろおどろしい姿にすることができます

figma_yuureizu_06.jpg
首ごとまるっと差し替える仕様により、首が前にぎょっと突き出た姿勢に

figma_yuureizu_07.jpg
顔だけでなく、手も差し替え可能!
するどい爪が伸びた、より異形らしい姿にできます


というわけでこちらの「figma 円山応挙作 幽霊図」、明日・3月23日のお昼頃より案内開始です!



関連リンク:「テーブル美術館」特設サイト(GOOD SMILE COMPANY)


関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

フィギュア人気ランキング

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品