リトルアーモリー第4弾! 「P226&P228」「AT4」「MP7A1」 製品詳細画像追加!

リトルアーモリー第4弾は、全てがシリーズ初のハンドガン、携行対戦車兵器、PDW。実物に即したディティールはもちろん、可動フィギュアとの組み合わせを楽しめる構成を意識しました。

littlearmory_dai4dan_002.jpg
第4弾「P226タイプ&P228タイプ」「AT4タイプ」「MP7A1タイプ」の集合イメージ


LittleArmory <LA007> P226タイプ&P228タイプ
1980年代に行なわれた米軍制式拳銃トライアルにスイス・シグ社が提示したP226と、そのコンパクトモデルのP228。
「撃鉄を下げた状態」「撃鉄が起きた状態」、発砲時や全弾撃ち尽くした際の「スライド後退状態」の3つを形状を再現。
P226は数あるバリエーションの中から海軍で採用されているMk25をモデル化、ピカティニー規格のアンダーレールマウントには付属のウエポンライトが装着可能です。
ボーナスパーツとして、四つ眼の暗視ゴーグル「GPNVG-18」タイプが付属します。

littlearmory_007_003.jpg
2機種×3つの形態で6挺セットとなっています。さらに、それぞれのフルサイズマガジンが3点ずつ。
4眼式ナイトビジョンゴーグルとP226タイプ用にX300タイプのウエポンライトが付属するという製品構成です。

littlearmory_007_005.jpglittlearmory_007_006.jpg
P226の数あるバリエー ションの中からモデルアップしたこのMk25は、アメリカ海軍が運用するP226改良モデルで、ピカティニー規格のアンダーレールマウントと夜間サイトを 備える他、防錆のリン酸塩皮膜処理が施されている点が特徴です。P226をベースに小型短縮化されたのがこのP228です。コンパクトオートでありながら高い精度を持ち、装弾数も多いことから評価も高く、アメリカ陸軍にM11の名称で採用され、特殊部隊・憲兵隊に配備されています。

littlearmory_007_007.jpg
蜘蛛の顔面のような異形さが目を引く4眼式ナイトビジョンゴーグル。GPNVG-18のナンバーで米国海軍SEALSから派生した対テロ特殊部隊「DEVGRU」が使用しているといわれているモデルです。

littlearmory_007_008.jpg
マックスファクトリーの可動フィギュア「figma」とのマッチング例。別売りの「リトルアーモリーfigma専用タクティカルグローブ」を使えば、そのサイズ感と相成って、最高のパフォーマンスでお楽しみいただけます。写真は、リロード中の姿を演出した例。

littlearmory_007_009.jpg
アゾンインターナショナルのアクションドール「アサルトリリィ」とのマッチング例。拳銃の形態が異なる点を生かして、2挺拳銃で激しく射撃する様子もお楽しみいただけます。


LittleArmory <LA008> AT4タイプ
NATO加盟国で広く採用されるスウェーデン製の使い捨て式携行対戦車兵器。
キットでは、照準や肩当を展開した発射時の状態と、それらを収納した携行時の状態を選択可能。
飛翔形態の84mmHE弾と、コーションマークシール、ゴム製のスリングが付属。

littlearmory_008_003.jpg
米軍やNATO加盟国で採用される携行対戦車兵器AT4。
装甲貫徹力は約420mm(RHA換算)。前方に撃ち出す砲弾と同等の運動エネルギーを持つガスを後方に噴射することで発射時の反動を相殺するクルップ方式の無反動砲です。
砲弾がセットされた状態で製造され、使用後は本体ごと廃棄する使い捨て式。
本体はFRPとアルミ合金で作られており、ライフリングが省略されていることもあって、6.7kgという軽さと低い製造コストを実現しています。

littlearmory_008_004.jpg
当キットではパーツの選択により、フリップアップ式サイトを起こして、肩当てを展開した「発射形態」と、サイトや肩当を収納した「携行形態」の2タイプを再現可能です。さらに、ボーナスパーツとして飛翔時の砲弾と、スリング用ゴム製パンド、本体を装飾するシールが付属します。

littlearmory_008_005.jpg
パーツ選択により「発射形態」と「携行形態」が選択可能。写真は各部を収納した「携行形態」で仕上げた例。

littlearmory_008_006.jpg
こちらは各部を展開した「発射形態」で仕上げた例。折り畳み式フォアグリップは、米軍採用モデルではオミットされたものの、開発製造国のスウェーデン軍で採用されているパーツです。当キットでは取り付け選択式となっています。

littlearmory_008_007.jpg
時期により、数パターンある前部マズルや後部ノズルも選択パーツとなっています。

littlearmory_008_012.jpg
マックスファクトリーの可動フィギュア「figma」とのマッチング例。別売りの「リトルアーモリーfigma専用タクティカルグローブ」を使えば、そのサイズ感と相成って、最高のパフォーマンスでお楽しみいただけます。

littlearmory_008_013.jpg
アゾンインターナショナルのアクションドール「アサルトリリィ」とのマッチング例。
※フィギュア・ドールの形状によっては肩当てを展開すると構え辛い場合があります。


LittleArmory <LA009> MP7A1タイプ
アーマーなどの硬い標的は貫通し、人体などの軟らかい標的では貫通しにくいという特質の4.6×30mm弾を使用するドイツ製PDW(パーソナル・ディフェンス・ウエポン)。
キットでは、ストックを展開・格納した本体をそれぞれ用意することで2丁入りとしています。
専用サプレッサーとT1タイプのマイクロドットサイト、AN/PEQ-15レーザー照準器が付属。

littlearmory_009_003.jpg
ドイツH&K社製のPDW(パーソナル・ディフェンス・ウエポン)。使用弾薬の4.6mm×30弾は、ボディーアーマーなどの硬い標的は貫通し、人体のような軟らかい標的の場合は貫通せず留まってダメージを与えるという特質を持ちます。
サブマシンガンより強力で、ライフルより軽便というコンセプトのもと、後方部隊やベイルアウトしたパイロットの自衛火器として開発されましたが、その「小さくて強力」というコンセプトは特殊部隊等の「攻性」任務にも適しており、そのような運用事例が多くみられます。

littlearmory_009_004.jpg
当キットは伸縮ストックを収納した形状のボディと、それを展開のボディ、2種を収録することで2挺入りとしました。アクセサリーとして専用サウンドサプレッサー、T1タイプのマイクロドットサイト、AN/PEQ-15レーザーエイミングモジュールが付属します。

littlearmory_009_006.jpg
ストック展開時の形態。さらにオプティクスやサプレッサーを加えれば、かなりのボリューム感を楽しむことができます。

littlearmory_009_007.jpg
独特のマズル形状が目を引くサプレッサー。グロックやMP7ではお馴染みの安全装置付き2段トリガーや、グリップの滑り止めパターンも再現しています。

littlearmory_009_009.jpg
マックスファクトリーの可動フィギュア「figma」とのマッチング例。別売りの「リトルアーモリーfigma専用タクティカルグローブ」を使えば、その サイズ感と相成って、最高のパフォーマンスでお楽しみいただけます。フィギュアの形状が合えば写真のようにぴったり構えさせることも…!?





関連リンク:1/12 ScaleHobby Portal 1inch(TOMYTEC)

関連記事:1/12スケール銃火器 リトルアーモリー第4弾! 「P226&P228」「AT4」「MP7A1」予約受付開始!
     まもなく発売 「LittleArmory×figma 専用タクティカルグローブ」サンプルレビュー!


関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 頭部パーツを2週間かけて作った結果がこれだよ

2週間かけて頭部をいじってました
他は全然進んでません
もう最近寒すぎてエポパテが全く固まってくれないのw


先々週作ってた顔パーツの顎を少し延ばして眉の辺りを少し弄ってみた
figma_kai_26_11.jpg

鼻と口の形を修正して、イメージを掴むために目を描いた
figma_kai_26_12.jpg
モミアゲ付けるためにエポパテ盛ってます

リーゼントを盛る
figma_kai_26_13.jpg
あと耳を少し大きくした

※豆知識
日本で一般的にリーゼントって云われてる髪型(盛り上がってる前髪)は本当はポンパドールっていうらしいですよw



髪型がなんか間違えてたのでパテ盛り直しw
figma_kai_26_14.jpg
モミアゲが短い気がしたので少し下に伸ばした

跳ねてる毛とかいろいろ追加して、とりあえずできた事にしよう
figma_kai_26_15.jpg

figma_kai_26_16.jpg
もう、エポパテは固まらないわ、モミアゲとか折れまくるわで心が壊れそうだった


それにしても、頭部パーツ弄ってると最初に想定してたサイズよりもだんだん大きくなってしまうのはどうにかしたいのだが・・・w
関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

フィギュア人気ランキング

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品