究極のデッサン人形 『S.F.B.T-3(Special Fullaction Body Type-3)』

全身80箇所が可動! 究極の超精密可動素体『S.F.B.T-3』が凄すぎる(Kotaku JAPAN)

>極限の可動素体を目撃しました! 全身80ヶ所が可動すると、フィギュアはここまで人体に近付くんですね......。もはや芸術品とすら思える超精密な可動素体『S.F.B.T−3(サフビット3)』は、ガレージキット・ディーラー『Mフィールド』代表の前田強さんが制作したもの。

>構想から完成までに約10年を費やした『S.F.B.T−1』の改良型である『S.F.B.T−3』は、胸部と背中のパーツを変更し、肩や腕回りの可動域がさらに拡大したことに加え、素材をカラーレジンからABS樹脂に変更したことで強度が増しているとのことです。




>『S.F.B.T-3(Special Fullaction Body Type-3)』の可動部分は全身80ヶ所。手の指が全て可動することを始め、腹筋の動きの再現や肩甲骨の可動、何重にも可動する股関節や肩の構造、さらには瞼や瞳まで動かすことができるという徹底ぶり。

>そもそも『S.F.B.T』は、従来のデッサン人形に不満を感じていた前田さんが、人体の動きを可能な限り再現した「デッサン用ドール」を作ろうというコンセプトで開発されたもの。衣服を着用させるカスタマイズドールや、スーツやパーツを外装することを前提とした素体モデルとはコンセプトが異なっているのです。


>究極のオリジナル可動素体『S.F.B.T-3』は、税込25,000円にて、現在国内lll期の予約を受付中。詳細についてはMフィールドのウェブサイトをご参照ください。





ふたばの模型裏板などでもよく話題になっていたので、これの存在は知っていたのですが、その可動を動画で見せられると存在感と説得力が凄まじく、まさに究極のデッサン用ドールと呼ぶに相応しい完成度ですね




関連リンク:Mフィールド
      S.F.B.T





関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

フィギュア人気ランキング

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品