3Dプリンタの話題2つ、「DMM.com 3Dプリント」と「ヤマダ電機で3Dプリンタ販売」

こんなに簡単に!?色んな素材で誰でもモノ作りが楽しめる、本格的な3DプリントサービスをDMMが開始(らばQ)

>何でも作れる(かも?)と世界中で話題沸騰中の3Dプリンター。その出力サービス「 DMM.com 3Dプリント 」が始まりました。

>そこで実際どんな環境で3Dプリントが行われているのか、「DMM 3Dプリンティングセンター」へ取材に行ってきたのですが、驚いたことにカラーや金属の3Dプリントができたりと、個人レベルではまずできない超本格的なサービスだったんですよ…!

dmm_3dprint_01.jpg

DMM.com 3Dプリントとは、パソコンで作成したデータを送ると、3Dプリンターで出力して送ってくれる3D出力サービスで、銀、チタン、ナイロン、アクリル、石膏(カラー)など、5種類の素材で自由な形状を作ることができます。

石膏 出力サンプル
dmm_3dprint_02.jpg
白色の石膏パウダーに色を付けてフルカラーの3Dプリントが可能です。
価格帯も安めのため、気軽に3Dプリントできます。

アクリル樹脂
dmm_3dprint_03.jpg
表面が滑らかで、繊細な3Dプリントができる半透明のアクリル樹脂です。
表面は積層段差が目立ちにくく、複雑な細かい形状や曲面もきれいに再現する事ができます。

チタン
dmm_3dprint_04.jpg
実際に使用する金属部品としての強度をもった造形が可能です。
造形物にはチタニウムに対する一般的な加工を施すことが可能です。

シルバー
dmm_3dprint_05.jpg
3Dプリントしたモデルを鋳型にして、シルバーを鋳造します(ロストワックス法)。
実際にアクセサリーなどで利用されているシルバー材料を使用しています。


>3Dデータを作るモデリングソフトは無料で提供されていて、データを作るだけなら誰でも可能。また代表的な3Dデータに対応しているので、他のモデリングソフトで作ったデータも出力できます。

粘土をこねるようにモデルを作れる「Sculptris」というソフトのチュートリアルビデオ


>ちなみに実際にかかる費用は体積によって価格が変わるそうですが、海外の大手3Dプリントサービスと同じくらいですって。
>具体的には小さな単色フィギュアで1600円から。手元に届くまでの時間は最短で7~9日。

関連リンク:DMM.com 3Dプリント





ヤマダ電機が3Dプリンターの取り扱いを発表。販売は8月上旬から!(ギズモード・ジャパン)

>家電量販店大手のヤマダ電機が3Dプリンター事業を行なっているイグアスと業務提携を発表。8月上旬より米国スリーディー・システムズの3Dプリンタを店舗にて販売することが決まりました。販売価格については、現時点では未定です。

yamada_3dprint_01.jpg

>現時点で取り扱いが決定しているのは、個人向け「Cube」「CubeX」と法人向け「Projet」の3製品。個人向けの2製品は「LABI 1 日本総本店池袋」で販売を開始し、順次取り扱い店舗を全国へと拡大していく予定だそうです。




ヤマダ電機で3Dプリンタが買えるなら、保守部品などの調達にも便利そうで良いですね~

DMMの出力サービスは、面白そうですがやはりまだちょっとお高いかな~という印象です
モデリングソフトが無料で使えるのでちょっと弄ってみようかと思います

関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

フィギュア人気ランキング

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品