「二次元VS日本刀展」 備前長船刀剣博物館他 岡山県内3箇所で開催! 7月13日(土)~

二次元VS日本刀展 開催期間 平成25年7月13日(土)~9月16日(月・祝)(公式サイト)

昨年の『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』に続き、今度は漫画家やイラストレーターたちと日本刀のコラボレーション展『二次元VS日本刀展』が開催されます
今回は、「温故十番勝負」「現代十番勝負」「未来十番勝負」の3つのテーマに分かれ、林原美術館、備前長船刀剣博物館、瀬戸内市立美術館の3箇所で開催

nijigen_vs_nihonto_title.png

>歴史の中を生き続け、美を伝える「日本刀」、そして伝統の技を受け継ぎ未来へと繋ぐ「刀匠」と新文化を創造する「クリエイター」。日本文化を代表する作品対決による、新しい物語を創造していきます。日本刀の聖地とも言える岡山県を中心に林原美術館、備前長船刀剣博物館、瀬戸内市立美術館の三館が集い、過去・現在・未来の日本刀をテーマに、国内外へと日本刀文化の魅力を発信していきます。
昨年の『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』では、刀匠含め、日本刀のものづくりの匠たちが新しいデザインのもと「ものづくり」に挑戦していく試みでした。 今回の特別展は、若者に影響力のある様々なクリエイターたちに、より日本刀について学んでいただき、より大切に日本刀を表現していただくことで、若者へ日本刀文化を広めていただこうという初めての試みです。
そのために、刀匠の新作や古刀の名品などの刀剣をもとに新しい作品を作りあげていただきます。そしてモチーフとなった作品とともに展覧することによって、日本刀に興味をもっていただく「きっかけ」となることを企図しています。
新作だけでなく、日本の技術力を牽引してきた古の名工たちの作品も同時に展示し、未来へとつながる日本刀の新世界をご覧いただきたいと考えています。 海外でも人気の日本の漫画家やイラストレーターたちとコラボレーションすることで、中高大生ら若者をターゲットに、日本刀文化の浸透を目指します。
(※クリエイター=作家、イラストレーター、漫画家、造型家)

◆「二次元VS日本刀 〜温故十番勝負」(林原美術館
現代のコンテンツアーティストが館蔵の国宝、重要文化財等の刀剣や甲冑の伝来をモチーフにした新たなグラフィック作品を制作。さらに平家物語絵巻や洛中洛 外図屏風、能面などの収蔵品とのコラボ作品も制作、そのモチーフとなった収蔵品と共に展示いたします。

◆「二次元VS日本刀 〜現代十番勝負」(備前長船刀剣博物館
現代のコンテンツアーティストが、日本刀をモチーフに新しい作品を作り、そこに登場するオリジナルデザインの日本刀を現代屈指の刀匠達が打ち上げました。ともに新しい伝説を創生、グラフィックストーリーとして同時に展示いたします。

◆「二次元VS日本刀 〜未来十番勝負」(瀬戸内市立美術館
「100年後の日本刀」をテーマとした作品の展示。 現代のコンテンツアーティスト達を中心としたイラストの展示をします。




コラボされる作家は、天野喜孝、池上遼一、高橋留美子など




三館共通前売り券は1,400円


関連記事:
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行って来ました その1
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行って来ました その2
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行って来ました その3
エヴァンゲリオン 「ロンギヌスの槍」を備前長船の刀匠が製作!?
関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

フィギュア人気ランキング

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品