負傷してしまった白頭鷲のために3Dプリンタでクチバシを作る

3D技術が動物を救う。大怪我を負ったワシのクチバシを3Dプリントで再生(Kotaku JAPAN)

密猟者に顔面を撃たれ保護され「ビューティー」と名付けられたハクトウワシの失われてしまったクチバシを3Dプリンタによって復元させる事が出来たそうです



hakutowashi_01.jpg

>彼女はクチバシを破壊されたことで、自分でエサを捕ることも、毛繕いすることも出来なくなってしまいました。
幸運なことに、アニマルレスキューのスタッフが傷ついた彼女を発見し、「Birds of Prey Northwest」のボランティアの元に届けてくれたそうです。そこで、ビューティーちゃんは数年に渡り手厚い看護を受け、健康を取り戻すことが出来たのですが、残念なことに、彼女のクチバシは完全に破壊されており、自力でエサを食べることは不可能だろうと判断されました。それは自然界では生きて行けないことを意味します。安楽死という言葉がボランティアの頭をかすめました。
しかし、テクノロジーのお陰で、ビューティーちゃんのクチバシは見事に復活することとなったのです。




将来的に3Dプリンタが普及すれば、各家庭でこういう事が出来るようになるでしょうか?
衛生面の問題を何とか出来れば、入れ歯なんか自分で作れるようになると老後が面白そうですw


関連記事:最新3Dプリンタでは、ギヤを組み合わせた状態で出力しそれを動かす事もできる






関連記事

フィギュア人気ランキング

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品