「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行って来ました その3

備前長船刀剣博物館では、博物館での刀剣などの展示以外に、刀の製作工程の実際に作業する工房を一般に公開しており、塗師(ぬりし)・白銀師(しろがねし)・刀身彫刻(とうしんちょうこく)の匠が入居され、毎日作品づくりをされています
こちらの工房は来場された方なら誰でも無料で見学することができます


鍛刀場
bizenosafune_01.jpg

bizenosafune_02.jpg
日本刀の刀身を作る「刀匠」のお仕事を見学できます

bizenosafune_03.jpg
毎月第2日曜日には1200度の高熱で玉鋼を打ち延ばす古式鍛錬を公開しています


刀身の製作工程
bizenosafune_04.jpg
砂鉄をたたら炉による精錬で和鉄(玉鋼)にする

bizenosafune_05.jpg
玉鋼を加熱し煎餅状に打ち延ばし小割し、硬くてキレイなものと軟らかいものに分けます

bizenosafune_06.jpg
小割したものを隙間なく並べ、約1300℃に加熱し鎚で打って鍛接し

bizenosafune_07.jpg
鏨(タガネ)で切れ目を入れて折り返し、また加熱し鎚で打って鍛接する

bizenosafune_08.jpg
刀匠の意図した原型を作り出す素延べ
小槌を使って刃の部分と峰を薄く延ばして大体の形に形成
センとヤスリで荒く形成し、砥石等で場ならし、焼きいれ前の形を整える

bizenosafune_09.jpg
焼刃土(粘土、炭粉、砥の粉などを水で溶いて混合したもの)を塗ります
この土置きは刀匠独自の美意識による模様付けがあり刀匠を特定する決めてにもなっています

bizenosafune_10.jpg
刀身を800℃~900℃程度に加熱し水槽で急冷する。このとき反りが生じます
センとヤスリで大まかに形作られたあと、粗砥からだんだん細かな目の砥石へと研いでいく
ここまでが刀匠による作業で、この後の最終的な仕上げは研ぎ師が行う


職人の作業する工房
bizenosafune_11.jpg
日本のあらゆる伝統美術工芸の技を受け継ぐ職方(しょくかた)が実際に作業する工房を一般に公開しています。
現在は塗師(ぬりし)・白銀師(しろがねし)・刀身彫刻(とうしんちょうこく)の匠が入居され、毎日作品づくりをされています。
また毎週日曜日と祝日、第3土曜日には研師(とぎし)が、さらに各日曜日には鞘師(さやし)、柄巻師(つかまきし)が来場されます。


研ぎ師
bizenosafune_12.jpg

bizenosafune_13.jpg
残念ながら、私が行った日は作業されていませんでした


白銀師(ハバキを作る)
bizenosafune_14.jpg
刀身と鍔の間にあるハバキは、刀身を鞘に収める時にぴったりと収まるように隙間調整する金具です

bizenosafune_15.jpg

bizenosafune_16.jpg


彫金師・鍔師
bizenosafune_17.jpg
刀身や鍔、目抜き、根付などに細かな金工細工をする

bizenosafune_18.jpg

bizenosafune_19.jpg


鞘師
bizenosafune_20.jpg
刀は似た形をしていてもそれぞれ反りが違っているので、鞘もそれぞれに合わせて作られます

bizenosafune_21.jpg


柄巻師
bizenosafune_22.jpg
柄を補強するためと手溜まりを良くするために、鮫皮の上に組紐を独特のしばりかたで柄巻きを行っています

bizenosafune_23.jpg

bizenosafune_24.jpg


塗師
bizenosafune_25.jpg
鞘に漆を塗って仕上げます

bizenosafune_26.jpg



実際に刀を作っている所を見学できるのはとても面白かったですね、時間的にエヴァの特別展よりもこちらの方をメインに見ていたかもしれないw

自分で小刀を作ることができる「小刀製作講座」や、釘からペーパーナイフを作る「ペーパーナイフ手作り体験」なども開催されているようなので、暇になったら参加してみたいです


関連記事:
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行って来ました その1
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行って来ました その2
エヴァンゲリオン 「ロンギヌスの槍」を備前長船の刀匠が製作!?


備前長船刀剣博物館
〒701-4271 岡山県瀬戸内市長船町長船966
入場料   ※共通割引券ダウンロード(PDF)
個人 一般 500円 高大生 300円 中学生以下無料
※特別展「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」期間中は、一般700円、高大生500円、小中学生200円となります


大きな地図で見る
関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ「ロボティクス・ノーツ」 2012年10月 フジテレビ「ノイタミナ」にて放送開始!

TV ANIMATION ROBOTICS;NOTES(公式ホームページ)

TVアニメ『ロボティクス・ノーツ』の公式HPがグランドオープンいたしました。
ティザービジュアル・PV、そしてアニメのスタッフ・キャスト情報を公開!

roboticsnotes_main_bg_s.jpg

◇制作スタッフ
原作:MAGES.▽監督:野村和也▽シナリオ監修:松原達也/林 直孝▽シリーズ構成:花田十輝▽キャラクター原案:福田知則▽アニメキャラクターデザイン:久保田誓▽キーアニメータ-:高橋英樹▽プロップデザイン:竹中真吾▽メカニックデザイン:胡拓磨▽美術監督・美術設定:立田一郎▽色彩設計:田中美穂▽撮影監督:小西庸平▽編集:植松淳一▽音響監督:若林和弘▽音楽:阿保剛/林ゆうき▽アニメーション制作:プロダクション I.G▽製作:チュウタネロボ部

◇キャスト
八汐海翔:木村良平▽瀬乃宮あき穂:南條愛乃▽愛理:釘宮理恵▽神代フラウ:名塚佳織▽日高昴:細谷佳正▽大徳淳和:徳井青空▽伊禮瑞榎:本田貴子▽長深田充彦:上田燿司▽天王寺綯:山本彩乃▽瀬乃宮みさ希:井上喜久子▽澤田敏行:三木眞一郎▽君島コウ:森川智之




また、2012年7月21日(土)に秋葉原ベルサールにて開催された「科学アドベンチャー祭り」では、アニメは2クールで放送予定と発表されたようです
あと、科学アドベンチャーシリーズの第4弾も製作中で、次はサイコで、サスペンスで、ミステリーな要素を詰め込んだ問題作だとか



ゲームの方は「シュタインズゲート」と比べちゃうと少々厳しい評価だったけど、あのストーリー展開だとアニメのほうが合ってるかもしれない?

しかし、「神代フラウ」こと、古郡こなちゃんさえ出てれば私は大満足ですし、おすしw
ファンディスクもはよ!


関連リンク:『ロボティクス・ノーツ』アニメ版放送時期が発表、さらに“タネガシマシン3”も登場【科学アドベンチャー祭り 2012 SUMMER】(ファミ通.com)






関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

フィギュア人気ランキング

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品