3Dデータに自由なポーズを付けられる「QUMA」 2012年5月発売、価格は6万円・・・

“未来のデッサン人形”発売へ:フィギュアを使って3DCGキャラを操作できる「QUMA」、セルシスから販売(ITmediaガジェット)

フィギュアを使ってコンピュータ上で3Dキャラのポージングができる「QUMA」技術を使った製品が2012年5月に発売される。価格は6万円前後の予定。



今までは3Dモデルのポージングといえば、モーションキャプチャーにより人間の動きをそのままトレースさせたり、3Dモデルの関節ごとに設定を行い少しづつポーズを付けていくのが主流でしたが、QUMAを使うことで直感的に手元の人型モデルを使ってイメージ通りのポーズを付ける事が出来るようになりそうですね



各関節にセンサーが仕込まれている人型入力デバイスは、figmaの開発者でもある浅井真紀氏のデザインによるもので、その点ではかなり引かれるものがあるのですが、かなりお高いのでちょっと手が出せないですね~

QUMAのデザインはかなり個性的でいてカッコいいので、これの1/2サイズアクションフィギュアとか出れば絶対に買うんだけどなw

関連リンク:我が輩はQUMAである。製品名はまだない(@IT MONOist)

関連記事

フィギュア人気ランキング

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品