figma改造 シリコンシーラントの着色実験

figma改造で軟質素材で部品を作りたいとき、私はシリコンシーラントを使って作る事が多いのですが、その時の問題の一つが「色」です。

ホームセンターなどで手軽に手に入るシリコンシーラントの色は、白・黒・グレー・アイボリー・ベージュ・アンバーくらいしかありません。
シリコンシーラントは元来、住宅外壁などに使われるものなので色数が少ないのは仕方ないのですが、改造用途で軟質部品を作る場合には着色したい場合が多々あります。
変性シリコンシーラントであれば、アクリルガッシュなどで塗装することも可能ですが、軟質部品を曲げたり伸ばしたりすれば、どうしても剥げてしまいます。

シリコンシーラントに塗料を混ぜて素材自体に色を付ければ良いのではないかと考え、白いシリコンシーラントに油性マーカー用のインクを混ぜて着色してみた事がありますが、曲げ伸ばしで色が剥げるという事はありませんでしたが、インクは染料なので、日光で色褪せしたり、ほかの部品に色移りしてしまったりといった問題がありました。
顔料ではどうかと、ラッカー塗料を混ぜてみた事もありますが、多量の塗料を混ぜないと色が濃くならない、色がまだらになる、シーラントが通常より固くなってしまうなど、こちらも問題がありました。



今回行う実験は、レジンキャスト用の着色用トナー(Mr.キャストナー)を使ってシリコンシーラントを着色してみます。

今作っているキャラの服は青が基本なので、青色を作って実験します
test_01.jpg
シリコンシーラントにキャストナーを混ぜる
ラッカー塗料で着色した時よりかなり少ない量で色が濃くなりました

シアンとマゼンタを混ぜて青色を作りましたが、混色すると彩度が下がってしまうようです
マゼンタの方が名称はマゼンタですが、見た目的には金赤っぽいので、シアンと混ぜる事で濁ってしまうのでしょう


ラッカーシンナーで約2倍くらいに溶いて、薄く塗り広げる
test_02.jpg
丸一日で触っても指に付かないくらいに固まりました
今の時期は、気温・湿度が高いので早く固まってくれるので有難いです

触ってみた感じ、通常より粘着感があるような気がしますがたぶん何日かすれば治まりそうです、硬さも気になるほどの変化はなかったので、普通に使えそうです



色移りが無いか実験
test_03.jpg
固まったシリコンシーラントの上に、エポパテ塊とPVCのパーツを置いてしばらく放置

24時間後、色移りの心配は特に無さそうです
test_04.jpg



シリコンシーラントにMr.キャストナーを混ぜる事で、シリコン自体を着色することは出来そうです
鮮やかな青色に出来なかったのは残念ですが、曲げ伸ばししても色剥げしないというのはかなりありがたいので、この方法で着色して軟質パーツを作っていきたいと思います









関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

フィギュア人気ランキング

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品