figmaの改造を始めた・・・その8 完成

森薫の漫画「シャーリー」より、主人公の13才少女メイド『シャーリー・メディスン』が2011年9月発売予定でついにfigma化されます。

figma_sharry_002.jpg
価格は税込み2,800円
表情パーツは通常顔、怒り顔の2種、はたきが付属します。

浅井さん製作の可動シャーリーが発表されてから、何時figmaになるのかと待っていましたがやっと実現しました~!























※もちろん↑はエイプリルフールネタなので本気にしないように



ということで、なんとかエイプリルフールに間に合いましたw
結局モップやティーセットは間に合わず、スカートも軟質化できていませんw
figma_sharry_008.jpg
今回初めて型取り用のシリコンで軟質パーツを作ってみたのですが、シリコンシーラントよりも早く固まってくれるし、引延し強度も高いのでけっこう使えそうです。
難点としては、塗装が出来ないので白いパーツにしか使えない事と、シリコンシーラントよりも少し透明度があるようで下の色が透けて見えてしまうことがある。

figma_sharry_009.jpg
表情がイマイチだったり、下半身の可動域が狭かったりと気になる部分はありますが、とりあえず完成できたので満足しています。

モップは作れませんでしたが、小物としてはたきを作ってみました。
figma_sharry_010.jpg
作中ではモップよりはたきを使っている場面のほうが多かったのでこれもアリでしょw
取っ手部分とはたき基部はプラ棒をルーターに差して簡易旋盤的に削り出し、棒の部分はダイソーで買った太目の縫い針を切って使いました。はたき部分は適当な布切れを接着しただけです。

以前作ったデアゴスティーニのドールハウス家具に合わせて撮影
figma_sharry_011.jpg
壁や窓はイラストレータで作った画像をダイソーの貼れるパネルに貼り付けただけ。
床や壁紙が寂しいのでもうちょっと何とかしたいw

高いところに手が届かないシャーリーさん
figma_sharry_013.jpg
スカートの中のペチコートは未作製、以前作ったシリコン製のドロワーズを履かせてみたがサイズが大きくてブカブカでしたw


あと、ネタのためにこんなのも作った。
figma_sharry_006.jpg
展示紹介用のPOPスタンド
前回のワンフェスよりスタンドが変更されていたのででっちあげw
実物を見たことがないので大きさとかは写真から判断してこのくらいかな~?と適当です。
5mm透明ポリカーボネイトの板と3mm白アクリル板、キャップねじと金属パイプの組み合わせ。



関連記事

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : figma フィギュア figma改造 シャーリー

フィギュア人気ランキング

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品