figma改造 ウィッチクラフトワークス 火々里綾火 完成!

今更ではありますが、今回改造したキャラは、アニメ「ウィッチクラフトワークス」より、炎の魔女こと「火々里 綾火」です!

figma 火々里綾火
figma_kai_kagariayaka_01.jpg
魔女の正装、帽子とローブ
火々里さんは多華宮君との心の結びつきによりパワーアップし魔女姿も変化するのですが、この姿は、まだ多華宮君とはクラスメートで隣の席というだけの関係だった頃の最初期のものです
なのでこの格好は第1話にしか出ないという・・・

figma_kai_kagariayaka_02.jpg
figmaスタンドにほうき接続用のアームを追加して飛行状態に出来ます

figma_kai_kagariayaka_08.jpg
帽子とローブを取ると制服姿になります
塗ってから気が付いたんだけど、制服の色かなり間違えてたw
ベストは濃紺ではなく濃緑で、ラインはもう少し暗めの金っぽい色です

figma_kai_kagariayaka_06.jpg
箒は単体だとちょっとデカく作り過ぎた気がする
でも、箒に乗せるにはこのくらいの大きさは欲しいところ・・・2種類作るべきだったか?w

figma_kai_kagariayaka_07.jpg
長髪だと頭の動きが制限されまくるので、後ろ髪にfigmaジョイントを仕込んで可動できるようになってます

figma_kai_kagariayaka_03.jpg
降ってきた校舎から多華宮君を助けたシーンを上条さんを代理で再現w

figma_kai_kagariayaka_04.jpg
ちなみに身長差はこんな感じです
火々里さんもう少し大きくてもいいかな~

figma_kai_kagariayaka_09.jpg
ファイアスターター(発火術師)なので、魂エフェクトのバーニングフレイムを合わせてみました

figma_kai_kagariayaka_05.jpg
「焼き尽くせ、ミリオンクローバー!」みたいなw


製作過程はこんな感じです
figma_kai_kagariayaka_10.jpg
「figma志津野泉」をベースに、頭部は「figma天城雪子」のものを修正
スカートとローブの肩掛け部分をシリコンシーラントで軟質パーツにし、マント部分は布製です
帽子の先に付いている炎はダイソーUVレジンでクリアパーツ化しています




アニメが結構面白かったので、そのうちフィギュアも出るだろうと思ってたのですが、figmaやねんどろいどどころかスタチューでさえ全く出ないとかどういうことですか?
せめてねんぷちででもKMM団とか出してもらえないでしょうか?;




◆追記
ふたばちゃんねる@模型裏板にて、尻肉がどうなったか見たいというご要望があったので、こちらでも
figma_kai_kagariayaka_11.jpg

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 足を少し長くしてみた

先週微妙な晴れ間につや消しクリアをかけたので組み立ててみたところ・・・

全体的なバランスは大体合ってるはずなのに、何故か足が短く見える気がする
(左は設定画)
figma_kai_25_100.jpg
どうやら、足の長さ自体は同じくらいだけど、膝の位置が低いせいで短く見えるみたい



という事で、本来であれば腿を短くして脛を伸ばすのが正解なんでしょうが、今更そんな大改修は面倒なので、脛パーツだけ少し伸ばしてお茶を濁そうと思いますw

脛パーツを途中でカットして3mmアルミ線を挿して延長し
figma_kai_25_101.jpg
約2mmくらい伸ばしました

継ぎ目をエポパテで埋めて修正
figma_kai_25_102.jpg


で、昨日雨の中塗装&つや消しクリア塗ったら・・・案の定つや消しクリアが曇ってしまったw
figma_kai_25_104.jpg
まあ、足の長さはこんなで我慢しようw


という事で、こんな感じで完成です!!
figma_kai_25_103.jpg

マントと帽子を付けた状態に合わせて作った箒は単体だとデカ過ぎるな
この箒、たぶん2m50cmくらいあるわw

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 炎をクリアパーツにしたりアイプリント作ったり

帽子の先についてる炎を作ります(実は作るのを忘れてたw)

エポパテで原型を作りラッカークリアでコートし表面をツルツルにしておきます
figma_kai_25_83.jpg
表面がつや消し状態だとクリアパーツにした時にすりガラス状に曇ってしまいます

おゆまるで型取り
figma_kai_25_84.jpg
UVレジンでクリアパーツにしたいので透明のおゆまるを使いました

ダイソーでUVレジン液を見つけた! ので試しに使ってみます
ちなみに私が買った店では手芸コーナーに置いてました
figma_kai_25_85.jpg
型にこのレジンを流した後UV(紫外線)を照射することで硬化します
日光でも当然固まるので昼間に窓際とかで作業してるとすぐに固まってしまうので注意

UVライトとか持ってないので直射日光に晒して硬化させました
figma_kai_25_86.jpg
10分位で固まりますが、なんか表面がベトベトしてる・・・

表面をアルコールで拭いてある程度ベトベトは取れましたが、このUVレジンは固まった後もカチカチにはならずゴムのような弾力があるみたいですね
figma_kai_25_87.jpg

ラッカーのクリアオレンジで塗装
figma_kai_25_94.jpg
クリアパーツだと透けちゃうので、裏面にも目口の×印を付けたのは失敗だったかも

とりあえずパーツは多分これで全て出来たので塗装しましたが、
figma_kai_25_93.jpg

最近の雨天続きによりつや消しクリアがかけられない・・・orz



気を取り直して、次はアイプリント用のデータを作ります
figma_kai_25_88.jpg
この画像を参考にイラストレータでトレース

figma_kai_25_89.jpg
ついでに胸に付ける校章ワッペンも作りました

タトゥーシールに鏡面プリントしてラッカークリアでコートし
figma_kai_25_95.jpg

白目部分をアクリルホワイトで塗りつぶし
figma_kai_25_96.jpg

顔パーツに貼り付け
figma_kai_25_97.jpg
左右対称に貼ったつもりなのに写真で見るとズレてるのはなぜなんだ・・・

校章ワッペンも貼り付けました
figma_kai_25_98.jpg

袖パーツにブルーのライン
figma_kai_25_99.jpg
私の塗装力ではこんな細かい部分の塗装は無理なので、ブルーのマスキングテープを0.5mm幅に切ったのをラインテープのように貼り付けでごまかしてますw

最近はマスキングテープも色々種類があって便利ですねw



さて、あとは天気が良い日につや消しクリアをかければ、ようやく完成(予定)ですよ!







テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 マントを作る その2

前々回肩部分を作ったマントの続き

マントのヒラヒラは布で作ります
figma_kai_25_78.jpg
良い色の布が見つからなかったので、ダンボールに布を張ってアクリルガッシュで無理やり塗りましたw
表面は濃い目の赤で、裏面はベージュというか薄い茶色で塗装

figma_kai_25_79.jpg
マントの形のアタリを描き裁ち鋏で切り取り

figma_kai_25_80.jpg
裾部分はボロボロになってるみたいなので適当にそれっぽく切りました


胸元のリボンをシリコンシーラントで軟質パーツにする
figma_kai_25_73.jpg
前回作ったリボンをおゆまるで型取りして

figma_kai_25_75.jpg
シリコンシーラントをキャストナーで着色したものを塗り込み

figma_kai_25_76.jpg
キャストナーを混ぜる時に気泡を巻き込みやすいので、気泡が入らないように丁寧に詰めました

figma_kai_25_77.jpg
湿度高くて、パーツも小さかったので10時間くらいで型から外せました


布マントとリボンをシリコン用接着剤でマント肩パーツに貼り付け
figma_kai_25_81.jpg
このままだとマントに表情が付けられないので裾にワイヤーを入れます

figma_kai_25_90.jpg
ビニールタイ等の名称で売られている家電の配線やケーブルなどをまとめる時に使う針金です

figma_kai_25_91.jpg
裾に貼り付けることでマントの動きを付けられます
白いビニールタイを使ったためこのままだとかなり目立つので塗装したほうがいいですね


本体に装着してみました
figma_kai_25_92.jpg

これでだいたいのパーツは完成です



関連記事:figma改造 マントを作る その1


テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 ほうきと帽子を作ってみた

小物の製作に取り掛かります

・ほうき
figma_kai_25_65.jpg
エポパテのムクで作るのは勿体ないので、プラ棒にアルミホイルを巻いて嵩上げ

エポパテを薄く伸ばしてアルミホイルの上に巻いてスパチュラでディティールを入れる
figma_kai_25_66.jpg

figma_kai_25_67.jpg
なんか棍棒みたいになったわww


・帽子
figma_kai_25_68.jpg
コピー用紙で適当な大きさの円錐を作って

figma_kai_25_69.jpg
エポパテを1mm厚に延ばして円錐の上に乗せた状態で固める

figma_kai_25_70.jpg
頭が入る部分をくり抜く
穴が歪な形ですが前髪の形状に添って嵌るようにしてます

figma_kai_25_71.jpg
エポパテでとんがり部分を作製

figma_kai_25_72.jpg
しっぽ?を追加して完成!
設定画によるとしっぽの先に炎が付いてるので、後でクリアパーツで作りたいと思います

・リボン
figma_kai_25_73.jpg
マントの胸に付けるリボン、エポパテで作製

figma_kai_25_74.jpg
こんな感じになります
これはシリコンシーラントで軟質パーツに置き換える予定です

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 マントを作る ※7/21追記

前回作ったマントの土台を石粉粘土で裏打ちして、適当にシワ等を追加
figma_kai_25_56.jpg
figma_kai_25_57.jpg
ラッカーニスや溶きパテで毛羽立たないように目止めします

マントのデザインはなぜか場面により違うみたいなのですが、とりあえず公式HPの設定画を参考に作ってみました

エポパテで裾のフサ?を追加して原型が完成です
figma_kai_25_58.jpg
figma_kai_25_59.jpg

おゆまるで型取り
figma_kai_25_60.jpg

シリコンシーラントをラッカーシンナーで溶いておゆまる型内面に塗りつけ
figma_kai_25_61.jpg
今の時期だと固まるまで1~2日くらいかな~?



7月21日 追記
固まるまで1~2日くらいはかかると思ってましたが、昨日18:00頃にシリコンシーラントを塗って今朝10:00頃見てみると既に型から外せるくらいに固まってました
さすがに梅雨時期はシリコン固まるの速いですね~(岡山は昨日梅雨明けしたみたいですがw)

一発目にして気泡もなく綺麗に出来ました
figma_kai_25_62.jpg
figma_kai_25_63.jpg
裾のフサ部分の黄色いのはシリコンシーラントにクレオスキャストナー・リキッド イエローを混ぜて着色してます
シリコンシーラントで作った軟質パーツは塗装が困難なのですが、この程度の単純な配色ならば多色成形軟質パーツにすることも可能

裾部分だけ切り抜いてボディに乗せてみる
figma_kai_25_64.jpg
うん、けっこういい感じに出来たと思う


さて、マントのヒラヒラ部分はどうしようかな・・・
やっぱ布で作るのが無難だろうか?



テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 アホ毛を真鍮線で作ってみた

前回作った前髪パーツにアホ毛を追加

エポパテなどで作ると間違いなく折れまくるので、今回は真鍮線で作ってみます
figma_kai_25_48.jpg
太さ1mmくらいの真鍮線

金工ヤスリで先を細く削り
figma_kai_25_49.jpg

曲げる
figma_kai_25_50.jpg

さらに曲げる
figma_kai_25_51.jpg

前髪パーツに穴を開けて
figma_kai_25_52.jpg

曲げた真鍮線を挿してアホ毛完成
figma_kai_25_53.jpg

なんかアホ毛の出てる位置がおかしかったので後で修正しましたw


とりあえず、これで本体のパーツはだいたい揃ったはずです
figma_kai_25_54.jpg


お次はマントに取り掛かる
figma_kai_25_55.jpg
紙粘土で適当にサイズのアタリを取り
乾燥したら裏打ちして軟質パーツ用の原型を作っていきます

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 袖、顔、前髪を作ってみた

袖のパーツは「figma 小早川凛子」の物を流用します
figma_kai_25_39.jpg

まずは、ラッカーシンナーで拭いて塗装を剥がす
figma_kai_25_40.jpg
なぜか成型色は肌色でした

もう少し袖を長くしたいのでエポパテで延長
figma_kai_25_41.jpg
袖を約3mm延長

腕のパーツが凛子のものだと短かったのでジャンク入れから適当な物を流用(おそらくチアハルヒの物だと思う)
figma_kai_25_42.jpg

凛子の袖のパーツは少し固めの軟質PVC?だったので、普通のエポパテを使うと割れそうだったので、プラモデラーには悪名高き「セメダイン エポキシパテ プラ用」を使ってみました
この「セメダイン エポキシパテ プラ用」は固まった後もゴムのような弾力があり、プラ用と謳っている割にはプラモデルに使うと表面処理で大変な思いをするのですが、軟質PVCに盛るには具合が良いみたいです
figma_kai_25_43.jpg
↑エポパテが固まった後で変形させてもこの様に割れません
ただし、表面処理はかなり面倒なので、固まる前になるべく形を整えておく事w

0.5mm厚くらいに薄ーく作れば軟質パーツ的な使い方もできると思います




顔パーツは「figma 天城雪子」のものをおゆまるコピーして修正
figma_kai_25_44.jpg

鼻から下を作り直しました
figma_kai_25_45.jpg
作ってる途中では気付かなかったけど、こうやって写真に撮ってみると、すごく顔が長い気がするw

耳の前に垂れてる髪も「figma 天城雪子」から流用
figma_kai_25_46.jpg

前髪はWAVEの軽量エポキシパテで成形
前髪を盛る前に顔パーツにワセリンなど(メンタームとかリップクリームでもOK)を塗っておくと綺麗に剥がせます
figma_kai_25_47.jpg
何度やっても髪作るの難しいです・・・(´・ω・`)

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 髪に可動を仕込んでみた

以前からやってみたいと思っていた改造で、長髪キャラの後ろ髪に可動を仕込んでみたいと思います

ベースには「figma 天城雪子」の頭部パーツを使います
figma_kai_25_37.jpg

まずは、分解!
figma_kai_25_38.jpg

後頭部パーツのうなじあたりでカット
figma_kai_25_29.jpg

可動用にfigma関節を2つ使います
figma_kai_25_30-31.jpg
3mmドリルで適当に穴を開けちゃったのでちょっと左右で位置がずれてしまった・・・

いきなりですが、後ろ髪パーツは「figma 鶴屋さん」の物を分解して適当にくっつけました
figma_kai_25_32.jpg

後ろ髪パーツを後頭部に付けた状態
figma_kai_25_33.jpg

可動させるとこんな感じになります・・・
figma_kai_25_34.jpg
・・・なんか、昆虫っぽいな・・・

関節部をなるべく目立たないようにしたかったのですが、関節を挿した場所が悪かったようで隠しきれませんでした
figma_kai_25_35.jpg

やってみて解った、髪の毛に可動を仕込むのは超面倒臭いですww
しかも自然な感じに可動させようと思ったら、かなりの試行錯誤が必要でしょう
次からは面倒なので、figmaプリクリ様とかの安くて髪に可動が仕込まれてるキャラから移植しますw


今のところできてる部分をくっつけてみるとこんな感じです
figma_kai_25_36.jpg

だいぶ完成に近付いてきた

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 胸部装甲増強完了

先週、胸部の装甲強化にとりかかりましたが、
figma_kai_25_25.jpg
さらに色々追加!

襟、ネクタイ、そのほか諸々付けた
figma_kai_25_26.jpg
どうですかこのボリュームはw

腹部パーツにもお腹のお肉を少し盛る
figma_kai_25_27.jpg

とりあえず、今のところ出来た部品を組み合わせてみる
figma_kai_25_28.jpg

・・・やべぇ・・・調子に乗って盛り過ぎたかもしれん

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

フィギュア人気ランキング

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品