figma改造 セイバー 応援Ver. 完成!

figmaチアフルセイバーを作る その7

figma セイバー 応援Ver.・・・っぽいもの、とりあえず完成しましたw
cheer_saber_101.jpg

cheer_saber_102.jpg

cheer_saber_103.jpg

cheer_saber_104.jpg

cheer_saber_105.jpg

cheer_saber_106.jpg


「Cheerful JAPAN!」企画の「ねんどろいど セイバー&遠坂凛 応援Ver.」用に、武内崇先生が描き下ろしたイラストの幼セイバーをfigmaにしてみたわけですが・・・
やっぱりというかなんというか、いつもの事ながら顔が微妙ですよね~w

頭部以外の部分は素体につかったフェイト1st Ver.がほぼそのまま使えたので、けっこう楽に作れたと思いますが、その分ネタ的にはあまり面白いところが無かったかもしれない

凛の方はどうしようかな・・・フェイト1stがもう一体手に入って気が向いたら考えますw


関連記事:ねんどろいど セイバー&遠坂凛 応援Ver.

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 肌色の塗装には毎回苦労するのです・・・

figmaチアフルセイバーを作る その6

figmaを改造していて毎回悩むのが肌の色をどうするかという事
一番良いのは元のPVCの肌色をそのまま使う事なのですが、色々なキャラからパーツを流用していると色が揃わなかったり、今回のフェイトように塗装でPVCが染まっていたりで結局塗装しなければならない事が殆どです

今まではMr.カラーのキャラクターフレッシュとレドームをベースに調色していたのですが、色を混ぜるとどうしても濁ってしまって、PVCのような透明感のある肌色に合わせるのが難しいので、こんなものを導入してみた

クレオス BOME Present 美少女フィギュア・フレッシュセット
cheer_saber_019.jpg
海洋堂とクレオスのコラボレート企画、造型作家BOME氏全面協力のもと開発された、
美少女フィギュアの肌の色に適したセット内容になっています

セット内容
BC01ペールオレンジ、BC02キャロットオレンジ、BC03ミルキーピーチ、BC04コーラルピンク
cheer_saber_020.jpg
4色のうち肌色としてそのまま使えるのは、BC01ペールオレンジとBC03ミルキーピーチの2色で、残りの2色は下地やシャドウ、チークなどに使うようです
通常のMr.カラーよりも容量が多くGXシリーズと同じサイズのようです

キャラクターフレッシュ、レドームなどと比較
cheer_saber_021.jpg
プラ板にそれぞれ塗装してみました
左から、キャラクターフレッシュ、レドーム、私が調色した肌色、ペールオレンジ、ミルキーピーチ
キャラクターフレッシュ、レドームは半つや、ペールオレンジ、ミルキーピーチは光沢になってます

真ん中の私が調色した肌色は、キャラクターフレッシュ+レドームにクリアイエロー、クリアオレンジを少量混ぜています

適当に手近にあったfigmaのフェイスパーツと比較
cheer_saber_022.jpg
う~ん、たしかに濁りのない綺麗な肌色なのですが、ペールオレンジ・ミルキーピーチ共に、figmaの肌よりはかなり濃い目の肌色になるようです
figmaの肌はかなり明るめで黄色みが強いようですね
ペールオレンジをベースにホワイトを足していく方が色の濁りなく作れそうな気がしますが、そのままでfigmaの肌色に近い色って無いものでしょうか?

今回は結局今まで通り、キャラクターフレッシュに色々混ぜたもので塗装することにしますww


ところで、話はちょっとズレるけど、レドームってアメリカ海軍標準色で、説明によると「F-14 トムキャット」「A-4 スカイホーク」などに使用されているアメリカ海軍機用のカラーを再現らしいのですが、どこにこの肌色を使うのでしょうね??






で、今週の作業、アイプリントと胸元のマーク、ロゴのデータを作成し

cheer_saber_018.jpg

インクジェット用転写シールに鏡像でプリント、自作デカール作成
cheer_saber_023.jpg
ラッカークリアでコートして水性アクリルのホワイトで白い部分を塗ってから貼り付けます

cheer_saber_026.jpg
かなり平たい胸ですがw それでもデカールを貼るには凹凸があって苦労しました
かなりしわが入ってしまったのですが、つや消しクリアをかければ目立たなくはなるので、こんな感じで妥協w





テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 可動する三つ編みを作ろうとした

figmaチアフルセイバーを作る その5

糸ハンダを使ってグネグネ可動できるベンダブル三つ編みを作る・・・予定だったのですが
なかなか想像した通りには行かないものですねw


まず、ダイソーで買ってきた太さ1.6mmのハンダを適当な長さに3本切ります
cheer_saber_012.jpg

端をハンダ鏝で溶かしてくっ付けます
cheer_saber_013.jpg

で、普通に三つ編みを組んで完成
cheer_saber_014.jpg

ちょっと長かったので半分にカットして、頭との接続部分は、端をエポパテで固めて3mmボールジョイントで接続
cheer_saber_015.jpg
と、ここまでは良かったのですが・・・

調子に乗ってグネグネ曲げていたら、結構簡単にちぎれてしまいましたTT
糸ハンダは曲げには強いのですが、伸びには弱いようで、三つ編みにして曲げた場合外側に来る部分が引っ張られて耐え切れず切れてしまうようです
仕方ないのでもう一度ハンダで三つ編みを作って、今度は動かないように瞬間接着剤で固めてしまったので、当初の予定のベンダブル可動はできません



前々回シリコンシーラントを流したホットパンツが固まったので装着
cheer_saber_016.jpg
ホットパンツはもう少し小さめに腿にフィットさせたかったけど、股関節の可動を考えるとこのくらいの余裕は必要なので、これで妥協w

cheer_saber_017.jpg
三つ編みは、今度は千切らない様に気をつけて適当に動きを付け、編み込み部分に瞬間接着剤を流し込んで固定しています



これで大体のパーツが完成したので、次はアイプリントなどのデータを作らねば



テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 ついに伝説のアクションフィギュアを手に入れたぞ!

figmaチアフルセイバーを作る その4

figmaセイバーの頭を流用だとサイズが小さかったので、リボルテックセイバーの頭でも使おうかと思い、中古屋に探しに行ったのですが残念ながら見つけることが出来ませんでした・・・



しかし、代わりに面白いものを見つけてしまったのでちょっと紹介w

何を見つけたかというと、伝説のアクションフィギュア「たまらん」こと「Q-JOY」です
Q-JOYとは、バンダイベンダー事業部から2008年に発売された箱型トレーディングフィギュアシリーズ
一箱840円のトレフィグでありながら、「武装神姫」「フロイラインリボルテック」「figma」など、当時トレンドとなりつつあった萌え系アクションフィギュアでもある、バンダイの意欲作ではあるのですが・・・
自分で組み立てる必要があったり、造形も色々と問題があったりと、あまり人気は出ず、第3弾で終了してしまった伝説のアクションフィギュアなのです
ちなみに、なぜ「たまらん」と呼ばれるかというと、「QJOY」をかな入力すると「たまらん」と表示されるためです

tamaran_01.jpg
今回買ってきたのは、第3弾らき☆すたシリーズの柊つかさです
さすがプラモデルのバンダイといったところか、ランナーから各パーツを切り離して組み立てる必要があります

さらに、関節ジョイントも組み立て式です
tamaran_02.jpg
SMLの3サイズのジョイント
tamaran_03.jpg
造形的には酷いといわざるを得ないQ-JOYですが、その名の元ともなった、Q-ジョイントの出来は結構良い感じで、簡易的なクリック機構があり、保持力も高めです
ジョイントのサイズは、S 全長約14mm 軸径2.5mm 球6mm、M 全長約16mm 軸径3mm 球7mm、L 全長約21.5mm 軸径4mm 球9mm

tamaran_04.jpg
手首パーツにはSジョイントの片側のパーツを使います

早速組み立ててみると
tamaran_05.jpg
これは、たまらんww でも、脛パーツの造形はけっこう好きかもしれない
肩関節の構造とジョイント丸出しの見た目をなんとかすれば・・・

figmaと比較
tamaran_06.jpg
figmaらき☆すたシリーズが手元にないので、高坂妹と比較
あ~・・・figmaの造形ってかなりレベル高いね~

組み立て後、大量に余るジョイントw
tamaran_07.jpg
もしかすると何かに使えるかもしれないので保管しておきましょうか

汎用関節との比較など
tamaran_08.jpg
上左 6mmリボジョイント、上中 関節技 球体ジョイント6mm、上右 関節技 球体ジョイント8mm
下左 figmaジョイント、下中 Q-ジョイントS、下右 Q-ジョイントM

Q-ジョイントはリボジョイントよりはクリック感は弱いけど保持力は同じくらいあり、強度もけっこうあるので、見た目を気にしなければ汎用ジョイントとして優秀だと思います
ただ、一番使いやすそうなSサイズの軸径が2.5mmなので、そのまま差し替えては使えないのが残念、Mサイズは軸径3mmですが球部分が7mmで、こちらもそのまま差し替えは難しいかもしれない


Q-JOYについて詳しく知りたい方は、↓こちらのレビューなどチェックしてください
Q-joyらき☆すた たまらん レビュー(よつばとフィギュア)
旧スクール水着とかfigma撫子に流用できれば面白いかもしれない





で、ここから本題、たまらん柊つかさに付属のポンポンをチアセイバーに流用しようと思います
figmaチアハルヒのを使おうかとも考えたのですが、ヒラヒラの形がなんか違うので却下w
tamaran_09.jpg
そのままだと、ポンポンの真上にジョイントを刺すという、ちょっとそれは無いだろうという仕様なので、ねんどろミク応援Ver.の様な、横からボールジョイントで接続するようにします

tamaran_10.jpg
ポンポンの横からザックリと穴を開けて

↓こうなる
cheer_saber_011.jpg
頭はリボセイバーが見つけられなかったので、フェイトの頭にエポパテを盛ってセイバーっぽくする事に・・・
セイバーに見えないけど、顔が似てないのはいつもの事だwww



テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 4月1日ですが、とくにネタはありません

今日はどうやら世間一般ではエイプリルフールというイベントをやっているとか?
うちの地域じゃ、ひな祭りが4月だったり子供の日が6月だったり七夕が8月だったりと、だいたいそういう行事は月遅れでやるんだよね・・・


すいません、エイプリルフールの事すっかり忘れてて何もネタを用意してませんでした
居ないとは思いますが、もしもフェイクネタを期待して見に来てくれた方が居られましたらごめんなさいorz





というわけで、figmaチアフルセイバーを作る その3です

私は改造するときにパーツごとに作ってしまい、組み立ててみてからバランスがおかしい事に気付くという事が多いので、ちょっとバランスチェックなど
とりあえず今あるパーツにセイバーの頭を付けてみました
脛のパーツはフェイトのものだと短いようだったので中学ハルヒのものに変更、運動靴はチアガールハルヒの物です
cheer_saber_006.jpg
予想はしてたが、頭のサイズが盛大に違いますね
どうしたものかなぁ、リボルテックセイバーの頭でも使ってみようかな


前回、紙粘土とパテで大体の形を作ったホットパンツにラインなど追加
cheer_saber_007.jpg
シンプルな形状なので思ったよりは簡単にできた

いつものように、おゆまるで二面型を作ります
cheer_saber_008.jpg

軟質材の変性シリコンシーラントのホワイトにキャストナーのシアンで着色
cheer_saber_009.jpg

型に流し込んで固まるまで放置
cheer_saber_010.jpg
最近すこし暖かくなってきたので、固まるのも早くなるはずw



キャストナーのシアンだけが残り少なくなっているのですが、エリザベスのワンピースとバイト戦士のジャージとこれのほっとパンツで、キャストナー着色では青色の軟質パーツしか作っていない事に気が付いた、どういうことだろうか?w

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

figma改造 フェイトちゃんの塗装を剥がしましたが・・・

figmaチアフルセイバーを作る その2です
nendo_cheerful_saberrin_02.jpg


素体用の「figma フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st ver.」が中古ですがお安く手に入りました
早速、お鍋でコトコト煮込んで分解しますw
cheer_saber_001.jpg
太腿の股関節ジョイントや肩関節は分解し辛いですが、お湯に入れてPVCを軟らかくすると簡単にニュルっと抜けます

塗装されているところを剥がします
cheer_saber_002.jpg
figmaの塗装はシンナーで拭いたくらいではなかなか取れませんが、ラッカーシンナーに10分程度漬けてティッシュで拭くと取れると思います

で、塗装は取れたのですが・・・
cheer_saber_003.jpg
黒に塗装されていた部分が、紫色に染まってしまっていて、シンナーでは取れませんでした
たぶん、黒塗料に含まれる染料が、PVCに染み込んでいるんでしょうね

なるべくなら肌色の部分は塗装ではなくPVCの肌色のままで使いたかったのですが、ちょっと無理っぽいですねTT

とりあえず、腿と胸のモールドを削ってみました
cheer_saber_004.jpg
ちょっと内腿を削りすぎてしまったけど、塗装するのならパテも使えるので無問題ww
胸のパーツを見ると、紫色に染まっているのは、どうやらPVCの表面だけのようです
もしかすると、漂白剤に漬けておけば消えるだろうか?



ホットパンツは、毎度おなじみシリコンシーラントの軟質パーツにしようと思います
cheer_saber_005.jpg
いつものように紙粘土で適当に形を作り、ラッカーニスで目止めして、溶きパテ塗り
いつものようにしわ等の造形が難しいです・・・


テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

「Cheerful JAPAN!」で結局figmaは応援ミクだけだったのは納得いかんので改造しますw

最後の商品となる、「初音ミク Cheerful Ver.」が発表された、チャリティー企画『Cheerful JAPAN!』では、毎月新しい応援フィギュアが企画されましたが、ほとんどがねんどろいどで、figmaは結局応援ミクさんだけで終了となってしまいました・・・
figmaぐま子くらいは出るんじゃないかと期待してたのに、ちょっとがっかりですw


しかし、私がぐま子よりももっと欲しいと思ったものがあるのですが、それは・・・
nendo_cheerful_saberrin_02.jpg
「Cheerful JAPAN!」第8弾、「ねんどろいど セイバー&遠坂凛 応援Ver.」用に描き下ろされた「幼セイバー&幼凛 応援Ver.」です
いや、ねんどろいども可愛いのですが・・、これはどう見ても、ねんどろいどよりはfigmaにするべきではないですか?


ここはひとつ折角なのでfigmaで作ってしまおうと思ったのですが、二人作るのは大変そうなので、今回は幼セイバー応援Ver.を作りたいと思います
幼凛はまだFate/Zeroでfigma化の可能性があるけど、幼セイバーはこれしか無いので、セイバーを作るしかないよねw



今回の犠牲者というか素体になるドナーは、
figma_fate_movie1st.jpg
figma フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st ver.を使います
と言っても今手元にはこれ無いので、買って来なければいけないのですけどねw

フェイト1st ver.は、サイズも小さく、胸とかの形も似てるので、結構簡単にできるのではないかと思っているのですが、どうなることやら・・・

いつものようにのんびり進めていくので、しばらくお付き合いくださいませw



テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

フィギュア人気ランキング

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中!
プロフィール

AMA

Author:AMA
岡山の辺境でなんとか生きていく。
そんな日々を綴ったり、そうでもなかったり、フィギュア(主にfigma)を弄ったり、気になった記事を紹介したり・・・。

twitter

検索フォーム
リンク
おすすめ商品